<< あれから | main | 情けは人のためならず >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2014.08.06 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

新刊のお知らせ

このたび、アズ・ノベルズ様にご縁を賜り、新刊を出していただくことになりました。

タイトルは『神降る夜に恋をして』
3月30日の発売となります。

タイトルからうすうす察しのついたかたもおられるかと思いますが、今回も不思議ちゃん系です。

予見能力を持つ葵は、その能力ゆえに村の生き神として祭られます。
……といってもそれは葵の力を頼ってくる相談者たちに有り難味を持たせ、大金を積ませるための村ぐるみの演出。
ああせい、こうせいと「神子」としての品位を保つための注文をつけられ、息の詰まるような生活のなか「こんなんじゃ恋人もできないっ!」とばかりブチ切れた葵は、ついに家出(村出?)をしてしまいます。
行き先は花の都パリ……ではなく、日本の都、東京。
そしてそこで理想が具現化したかのような直哉と出会い、ひと目惚れした葵はそのまま直哉のマンションに転がり込みます。
売れない俳優だった直哉は、葵の予見のおかげで大きなチャンスをつかみ、ある意味情にほだされているうちに直哉も葵に惹かれていくのですが……

『……』てことは、はい、そこでお約束の事件が、みたいな感じですね〜


そしてそして、このたびイラストをつけてくださったのが、な、な、なんと、憧れの小椋ムク先生

正直、ビビりました。
担当様よりお名前をお聞きした瞬間、5mくらいびょーんと後方に飛び退って「へへ〜」と土下座の心境……つまりは黄門様の印籠を見せられた町人みたいになってました。

もう本当に本当に恐れ多いほど素敵なイラストです

というわけで皆さま、どうぞよろしくお願い致します〜


スポンサーサイト


  • 2014.08.06 Wednesday
  • -
  • 21:25
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
PR
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座